整理が重要になる

終活における覚悟と整理

終活は、自分の人生がいよいよ最期を迎える時、2つのことを考える必要があります。 1つは、自分の人生の集大成として、やり残したことを成し遂げることです。自身の生き方のポリシーがあるので、ここでは省略します。 もう1つは、残された家族や知人に迷惑のかからないように、できる限り、自分の財産の相続や整理を準備することです。 もちろん、自分の最期の日は確実に特定できるものではありませんが、早い段階で準備しておく分には問題ありません。 まずは、自分の財産あるいは債務がどの程度あるのかを洗い出します。終活の中で相続は非常に大きな比重を占めます。 財産は現預金や有価証券、土地や家屋などが含まれます。債務には借金や未払い金、住宅ローンの残高などが含まれます。これらは相続人に相続されます。そして、債務が財産を超過した場合も同じです。債務の金額によっては、法定相続人が相続放棄を選択しなければなりません。つまり、自分の死後、相続人が慌てないように、事前に話をしておくことで迷惑はかからないと言えます。

自筆遺言書と公正証書遺言書

現預金などの財産が残ることが確実な場合は、誰と誰に遺産を分配するかを協議します。 一般的に、残された家族から相続の話を持ち出しにくいので、こちらから話をすることは、より協議がスムーズに行くと考えられます。そして、自分が終活を始めていることを家族も認知します。 通常は直近の家族である配偶者と子供達が相続しますが、家族との関係が良好であれば、話し合いで十分かもしれません。しかし、後々に揉める可能性がある場合、遺言書を残すことが望まれます。 遺言書には自筆証書と公正証書があります。自筆証書は手書きによるもので費用はかかりませんが、法的な要件を満たすレベルに書くことは難しい作業です。 一方、公正証書は法的な要件を満たすのは確実ですが、証人が2人必要で、相続人の人数分の手数料が発生します。 最後に、自身の葬儀費用が生命保険で賄えるか、そして、自分の墓石代を財産から差し引くことも忘れてはなりません。これらは終活の中で非常に費用がかかるイベントです。

Copyright© 2015 墓地に対して行っていく必要な重要事項についてAll Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com