葬儀の歴史と変化

日本における葬儀の歴史の簡単な説明

イラクの洞窟でネアンデルタール人の骨の周りにある筈の無い花の花粉が発見された事から、葬儀の歴史は約六万年前に始まったとされています。 日本では、古事記に712年に葬儀が行われた記録があり、7世紀から8世紀にかけて一部の僧侶による火葬が行われていた様です。平安時代になり、貴族などの高貴な身分の人達にも火葬が広まり、鎌倉時代には一般の人達にも火葬が普及しています。 しかし、地域の風習や宗教的な要因により、昭和に入っても土葬が行われていたようです。火葬が義務付けられたのは戦後になってからです。 キリスト教では、現在でも遺体にエンバーミングを行い埋葬されていますが、日本国内では火葬が義務付けられているので、月命日や一年後の命日などに埋葬式を行います。

葬儀観の変化の背景にある社会問題

日本の葬儀の90%が仏式で行われ、少数ですがキリスト教や神式で行われています。 最近では、意識が変わって来ており、形式にとらわれない葬儀に注目が集まっています。 葬儀観が変化した背景には、ライフスタイルの変化や少子高齢化などの社会的動向の変化が大きく関わっています。 故人の家族に負担をかけたく無い希望や高齢化による参列者数の減少等の事情により、特に地域との繋がりが少ない都市部では規模の小さな葬儀や家族葬が増えるとされ、無宗教葬や生前葬なども増えると予測されています。 葬儀に対する意識が変化した事で、遺族や故人の遺骨に対する考え方も変化しており、山や海にまく散骨を希望する方も増えています。その為、葬祭業者のサービスが多様化しており、セミナーやプロカメラマンによる遺影撮影会なども行われています。

Copyright© 2015 墓地に対して行っていく必要な重要事項についてAll Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com